アルミを含む廃棄物の分別溶解リサイクル

[アルミを含む廃棄物とは]
包装用アルミ箔、食品アルミ容器、自動車部品、化粧品容器、建築物の窓冊子、飲料用アルミ缶など、廃棄経路、種類は様々です。
[水溶性滑剤層(LEシート)の剥離回収]
メカニカルドリル用のエントリーシートに塗られている水溶性の滑剤層を剥離し、アルミと滑剤層のマテリアルリサイクルが可能になります。(一部出来ないものもあります。)
[古賀アルミのアルミを含む廃棄物の分別リサイクル]
  1. 製造メーカーより各種廃棄物を回収。
  2. 化粧品容器など、複合素材でアルミと他の素材に分別が必要なものは、溶解前に分別処理されます。
  3. 分別されたアルミは、プレス機によりプレス加工されます。
  4. プレス加工後は溶解炉にて溶解、再生地金の原料としてリサイクルされます。
  5. 分別された他の素材は、樹脂メーカーで原料としてリサイクルされます。
[アルミを含む廃棄物の現状]

アルミだけのものの大半は再生リサイクルされておりますが、化粧品容器などの複合素材で、分別が困難なものの大半は産業廃棄物として焼却処理されています。
古賀アルミ工業は、このような再生困難な複合素材廃棄物を出来るだけ分別リサイクル処理し、材料として再利用できるよう日々研究をしております。
このような取り組みを通して、循環型リサイクル社会を推進していきたいと考えております。

○処理履歴はマニフェストで管理致します。
○国内CDM活動のご要望ございましたら是非ご相談ください